WWW.KICHIJOUJI.JPは、吉祥寺特集の本・雑誌、まち情報、オススメな本・地元作家を紹介するサイトです。
JP

JP(ジェイピィー)です。
宜しくお願いいたします。




●とき 
平成21年10月16日(金) 午後5時00分会場 午後6時00分開演
●ところ
吉祥寺 月窓寺境内
 
 (雨天の場合は武蔵野市民文化会館で蝋燭能)

●雨天の際は、武蔵野市民文化会館にて行います。
●演者は都合により断りなく変更することがあります。
●開演中の写真撮影は一切禁止いたします。
●会場には、駐車場がありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
●寺院境内につき、誘導員の指示によってご入場、ご退場下さい。その他、係員の指示に従って頂きます。

吉祥寺薪能
吉祥寺薪能

<解説> 関根 知孝


   − − −  − 火入の儀  − − −  − 



【能】 ツレ 岡庭 祥大

巻 絹 シテ 武田尚浩

   神楽留

 
   ワキ 村瀬純   
             大鼓  亀井実
             小鼓  観世新九郎  笛 一噌庸二
    間 三宅近成
     

       後見 武田 祥照   地謡 関根はな恵 清水義也
            寺井 栄         渡辺洋子 高梨良一
                          関根祥丸  関根祥人
                          高梨万里 
松木千俊

【狂言】
清 水 シテ
 三宅右近  アド 三宅近成


   − − −  − 休憩十五分  − − −  −

【仕舞】
野 宮
 関根祥六  地謡  古谷美香
                             高梨良一
                             関根知孝
                             清水 義也

【能】         ツレ 武田 文志
舎 利   シテ  関根祥人
    ワキ  村瀬 純 
 大鼓  亀井実 助川治
                 小鼓  観世新九郎  笛 一噌庸二

    間 三宅右近 

             後見  関根祥六
                   寺井栄 
                         地謡  古橋美香 岡庭祥大
                              渡辺洋子 高梨良一
                              武田祥照 関根知孝
                              高梨万里 松木千俊
                           
                         

  (終了予定 午後八時四〇分ごろ)



-------- 解 説 ---------

  巻絹(まきぎぬ)

神楽留(かぐらどめ)

熊野三社に巻絹を納める使いの者が、音無
の天神に和歌を献じていて遅参し、その罪で
縛られてしまう。そこへ天神の愚いた巫女(み
こ)が現れ遅参の理由の偽りでないことを証
し縛を解かせ、和歌の徳を語り祝詞を上げて
神楽を舞い、さらに物狂おしく舞い続ける

 

狂言
清水(しみず)

茶会に備え野中の清水を汲んで来いと言い
つけられた太郎冠者、鬼が出た、と手桶を清
水に投げ捨てて帰る。主人が手桶を取りに行
く、というので、先回りした冠者は鬼の面を
かぶり脅しにかかり、驚き怖れる主人。然し、
声色から冠者の仕組んだことと察した主人の
仕返しぶりも鮮やかで軽妙。

 

能 舎利(しゃり)
京の都東山泉涌寺、仏舎利を拝み感涙に咽
ぶ僧。一人の男が現れ仏舎利の由来を語ると、
一天俄にかき曇り稲光が閃く。我は足疾鬼の
執心、と叫ぶやいなや、鬼面を現し、仏舎利
を奪って天井を蹴破って飛び去る。
僧の祈りに章駄天が來現、足疾鬼を打ち伏
せて舎利を取り戻す。

 
●雨天の際は、武蔵野市民文化会館にて行います。
●演者は都合により断りなく変更することがあります。
●開演中の写真撮影は一切禁止いたします。
●会場には、駐車場がありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
●寺院境内につき、誘導員の指示によってご入場、ご退場下さい。その他、係員の指示に従って頂きます。


Copyright (C) 2006 books ruhe. All rights reserved.
吉祥寺JP <キャラクター・画像 (C)ノリコッチ>